「笑顔の挨拶」は、おもてなしの第一歩

​​

「笑顔」と「挨拶」は効果のあるおもてなし

組織の活性化のために、おもてなしに取り組もうと思ったとき、何から始めたらいいのか分からないと頭を悩ます方は、少なくないでしょう。
 
じつは、おもてなし活動を始めるときにまずお勧めしたいのは、「笑顔」と「挨拶」です。その理由は、こんなデータにあります。おもてなしに取り組む企業のスタッフ900人に対して「おもてなしの取り組みでもっともよかったと感じていること」を調査した結果、圧倒的に高い評価を得たキーワードが「笑顔」と「挨拶」なのです。
 

大切なのは自らが率先するということ

「笑顔の挨拶」は、業種や職種、部門などに関わらず、誰でも簡単に取り組むことができる一方で、組織に浸透させ習慣化することは容易ではありません。
 
「笑顔の挨拶」を強要するのではなく、まずは自らが率先して行うことです

 ここで大切なのは、「笑顔の挨拶」を強要するのではなく、まずは自らが率先して行うことです。あなたの「笑顔の挨拶」をきっかけに、スタッフや顧客は自然と「笑顔の挨拶」を返してくれるはずです。
 
まずは、結果を急いだり、焦ったり、すぐにあきらめない「急がず・あせらず・あきらめず」の気持ちで、勇気を持って行動を起こしてみることが大切です。あなたが自ら起こす、積極的な行動が「笑顔の挨拶が常日頃の習慣となる組織」を作ることにつながるのです。
 

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動