​​

選定について

今日を想う気持ちを、明日を願う心を、新しいカタチでお届けします。
2017年度は「商品部門」「体験・サービス部門」の2部門を募集いたします。「商品部門」は募集を5期に分け、それぞれの期間毎に選定・認定を行います。「体験・サービス部門」の募集は1回のみとなります。

対象・募集ジャンル

商品部門

対象
ユーザーが購入できる有形の商品(ITやエレクトロニクスを含む)であり、継続的にユーザーに提供が可能なもの、価値ある日本の魅力やおもてなしストーリーが背後にある商品が認定の対象となります。

募集ジャンル
① 生活雑貨・日用品
② インテリア・ファッション
③ IT・エレクトロニクス
④ 食品・飲料

体験・サービス部門

対象
日本国内において、恒常的に営業している施設やサービス、定期的に実施されるイベント、そこにしかない・その時にしか体験できない特別なスポット等、価値ある日本の魅力を国内外へ発信している施設や体験プログラムが認定の対象となります。

募集ジャンル
① 宿泊施設
② レジャー施設
③ 飲食店
④ 体験プログラム
⑤ 行事・イベント

募集期間

商品部門

2016年6月20日(月)~2017年2月28日(火)期間内、4期に分けて選定・認定

体験・サービス部門

2016年9月27日(火)~11月30日(水)を応募期間とし、2017年5月に認定対象を発表予定

募集・選定・認定のスケジュールイメージ

選定の流れ

商品部門

書類による選定(1次)と、日本人と外国人の有識者および流通事業者による、対話や現物のタッチ&トライ、実際に体験することによる選定(2次)の2段階を予定しています。

選定の流れ:商品部門
体験・サービス部門

体験・サービス部門では、書類による1次選定、「インタビュー形式での対話」と「現地での実態選定」の2種類による2次選定を予定しています。

選定の流れ:体験・サービス部門

費用

選定費用

選定視点と評価

選定の視点

日本らしく、現代の生活を豊かにし、世界に通じる。ついつい人に伝えたくなる優れたOMOTENASHI体験を提供する商品・サービス

Japanese(日本らしさ)
和を感じる表現、ならではの技、伝統の継承といった日本独自の魅力を備えている。

Modern(現代に生きる)
「日本らしい」「歴史がある」というだけではなく、現代人のライフスタイルに配慮適応している。

Global(世界に伝わる)
外国人の方々が見て、知って、その魅力が伝わり、彼らの暮らしにおいて受け入れられるものである。

評価ポイント

おもてなしの心を感じる優れた顧客体験を創出するか
購買から消費・利用、共有までの顧客体験において、心動かすOMOTENASHIのシーンを生み出しているか

商品 / サービスそのものの価値・クオリティが高いか
対象が持つ、現代生活はもちろん、海外でも受け入れられる優れたジャパンクオリティ(品質、デザイン、機能、独自性、創意工夫、継続継承性など)を有しているか

※それぞれの価値をおもてなし視点から総合的に評価いたします。

選定視点と評価