• エグゼクティブの感性を刺激する
    精霊たちが彩る「魔法」の空間

SCAPES THE SUITE

株式会社ポジティブドリームパーソンズ (神奈川県)

大人の隠れ家にふさわしい、コンパクトながらもスタイリッシュなたたずまい。目前に広がるのは神奈川の景勝50 選にも選ばれた森戸海岸。「SCAPESTHE SUITE(スケープス ザ スィート)」は、都会のエグゼクティブたちが多忙な日常からエスケープして、新たなインスピレーションを得ることができるホテルである。用意されているのは、わずか4 室。この部屋数は自分たちが考える「究極のおもてなし」 を実現するために導き出された必然の数字、そこには効率や妥協は一切存在しない。
スタッフは利用者の状況を常に察知し、瞬時にレイアウトや空間をつくりかえる。こうした感性をインスパイアし続ける仕掛けの数々は、まるで精霊による魔法のように利用者の「無意識」に働きかける。テーマカラーが与えられた客室、森戸海岸の景観、調度品の数々、すべてが計算され尽くした舞台装置なのだろう。東京からわずか90 分。忙しい日常から切り離された魔法の空間を堪能できるホテルである。
Experience

感動を最大化する技術

「魔法」のタネは、独自の感動を最大化する理論とそこから生まれる技術。チェックイン前からのヒアリングから利用者の状況、ニーズを把握する意識を持っている。

科学的な「おもてなし」理論

元々はウェディング事業を発祥としているため、そこから得られる経験の蓄積を分析して理論を 構築し、体系化した感動技術が「おもてなし」の原点となっている。実は非常に科学的なのだ。

「癒し」ではなく
「エスケープ」

提供するのは、「癒し」ではなく多忙な日々からの「エスケープ」。そのため「無にする時間」「五感を刺激する時間」の両方を利用者に合わせて提案する。

地元野菜を使った料理

感動技術だけではなく、ホテルとしての基礎もしっかりしている。三浦半島の朝採れ野菜は味が濃く、メインディッシュにもなり得る素材を積極的に取り入れている。

Value

日々強いストレスにさらされるエグゼクティブが日常からエスケープし、瞬時に新たなインスピレーションを得る。設備、空間、そしておもてなし、すべてがそのコンセプトに従い魔法のように連動する。その魔法は予約の電話の段階から始まっている。チェックインした瞬間から潜在意識を刺激し続けるおもてなしは、高度な感動技術、入念な準備によって支えられているのだ。訪問する度に新たな刺激、新たな発見、そして新たな出会いがある。それが「SCAPES THE SUITE」の魅力なのだ。

Promise

日々強烈なストレスにさらされるエグゼクティブたちの頭や身体を解きほぐし、感受性を刺激することが「SCAPES THE SUITE」の特長。そのために提案しているのが「アクティブレスト」です。「癒し」や「のんびりくつろぐ」のではなく、ストイックな運動などで自分に心地良い負荷 をかけることで休息や回復を得る。そのため、ヨガマットやマウンテンバイクなど、基本的なアクティビティの用意をしています。それらをさりげなく提案することが「SCAPES THE SUITE」のおもてなしです。

SCAPES THE SUITE

2017年 体験・サービス部門 体験・サービス部門 受賞
部門宿泊施設

受賞企業名:株式会社ポジティブドリームパーソンズ