• 日本の食卓を彩る家庭料理と
    おもてなしの技術を伝える料理教室

一二三庵日本料理教室

一二三庵日本料理教室 (東京都)

昨今、世界から注目を集める日本文化「和食」。本来、和食は特別な料理やごちそうを意味するものではなく、家庭の食卓で供される料理である。一二三庵(ひふみあん)日本料理教室の「和食専科」は、そうした本来の和食、食卓を彩る「一汁三菜」の家庭料理を学ぶ場である。古来より和食が大切にしてきた季節の移ろいや自然美の表現、節句などの年中行事との密接な関係など、調理だけではなく日本人が育んできた文化の継承、おもてなしの技術を学べることが特長だ。
日本の食卓にふさわしい「家庭料理」を客人に振る舞う。そうした「おもてなし」には日本の風習に対する知識は不可欠だ。「和食専科」では五節句や二十四節季に合わせて献立が変わり、旬の食材やそれぞれの年中行事について学ぶ。和食文化に対する正しい知識を学ぶことで、食は自然の恵みのたまものであり、食材に感謝を捧げるという日本人が大切にしてきた文化を再確認することができる。それが一二三庵が伝えたい「おもてなし」の心なのだ。
Experience

旬の食材を中心とした献立

端午や七夕といった節句ごとの旬の食材を中心に献立を組み立てるのが一二三庵の流儀。夏 の野菜は体の熱を冷ますなど、旬の食材を用いることは先人の知恵の結晶であることが分かる。

和気あいあいとした実習

「和食文化の担い手」と聞くと身構えてしまうが、料理を楽しむことを大切にしているので実習は和気あいあいとした雰囲気。食後の甘味の時間には、年中行事の歴史や知識なども伝える。

調理のデモンストレーション

生徒が行うのは、調理の下ごしらえまで。実際の調理は一二三庵店主であり、代表講師でもある粟飯原崇光氏らが担当。海外のガイドブックでも評価されるその腕前を間近で見学できる。

見た目麗しい盛り付け

美しい盛り付けも、和食が文化として世界に認められる理由の一つ。食卓を華やかにする盛り付け方や和食器の使い方、そして季節ごとの演出方法など、和食での「おもてなし」を学ぶことができる。

Value

一二三庵が大切にしていることは、和食は「家庭料理」であるということ。和食の店は数多く存在する。しかし、家庭で和食を振る舞うことができる人ばかりではない。時代が変わり、調理機器、食材などが変わっても、和食に用いる食材やだしの取り方など、基本は変わっていない。その家庭料理の基本を正しく伝えることは、和食文化を次世代に正しく伝えることでもある。和食文化の担い手を育てる「和食専科」では、だしの取り方や知識、米の研ぎ方といった、家庭でもできる和食の根幹から学ぶことができる。

Promise

一二三庵の本来の姿は日本料理の料亭。その一二三庵が料理教室をスタートしたきっかけは、常連客の「娘に和食の文化を伝えたい」という言葉でした。今、和食が世界から注目を集めていますが、外国人から「和食のつくり方を教えてほしい」「だしのうま味について教えてほしい」と質問を受けた際、うまく答えられなかったというエピソードを多くの日本人から耳にします。一二三庵では、和食を海外に広める前に、まず日本人こそが自身の文化である和食について深く理解すべきという考えに基づき、料理教室を開催しています。

一二三庵日本料理教室

2017年 体験・サービス部門 体験・サービス部門 受賞
部門体験プログラム

受賞企業名:一二三庵日本料理教室