• Zoom
    滋賀の郷土料理「鮒寿司」を現代風にアレンジ
    新たな組み合わせが従来のイメージを変える
  • Zoom
    滋賀の郷土料理「鮒寿司」を現代風にアレンジ
    新たな組み合わせが従来のイメージを変える
  • Zoom
    滋賀の郷土料理「鮒寿司」を現代風にアレンジ
    新たな組み合わせが従来のイメージを変える

チーズふなずし

薫彩堂 (滋賀県)

滋賀県の郷土料理「鮒寿司」を、フレンチやイタリアンなどのシェフ、ソムリエらと共に現代風にアレンジした「チーズふなずし」。鮒寿司は、日本を代表する料理「寿司」の原型ともいわれ、1000年以上にわたり滋賀県で受け継がれてきた伝統的な料理。希少価値の高い琵琶湖の固有種「二ゴロブナ」を塩と米で乳酸発酵させてつくるため、その独特な発酵臭から敬遠されることも少なくないが、鮒寿司に合うように味と香りを追求し開発したオリジナルのチーズと合わせることで、生ハムのような風味と歯触りに仕上げた。低カロリーかつ旨味溢れるチーズふなずしは、日本酒のつまみとしてはもちろん、ワインやウイスキーのお供にも最適。1000 年以上続く伝統製法にこだわりながらも現代の食生活や嗜好を分析し生み出したスローフードとして世界に発信していきたい一品。

受賞者の声

世界有数の古代湖「琵琶湖」は、数十万年の時を経て固有の生体系を進化させ、また地域の稲作文化と相まって寿司の原点とも称される「ふなずし」という発酵食文化を育みました。歴史と旨味が凝縮され、革新的技法で進化した「チーズふなずし」を世界中の皆さまに、現代の食卓でも気軽に楽しんでいただきたいという想いでお作りしております。