• Zoom
    使い手に寄り添う『野鍛冶の精神』を体現したプレミアム包丁
    使いやすさにとことんこだわった一生もの
  • Zoom
    使い手に寄り添う『野鍛冶の精神』を体現したプレミアム包丁
    使いやすさにとことんこだわった一生もの
  • Zoom
    使い手に寄り添う『野鍛冶の精神』を体現したプレミアム包丁
    使いやすさにとことんこだわった一生もの

旬Shun Classicシリーズ

貝印株式会社(東京都)

鎌倉時代からの刃物の街・岐阜県関市で『使う人の用途やクセを理解してものづくりに活かす』という『野鍛冶(のかじ)の精神』を体現すべく生まれた包丁「旬Shun Classic」。料理をする際になくてはならない道具「包丁」は、切れ味一つで食材の味や料理をする人の心をも変える重要なモノ。貝印では、創業以来培ってきた刃物づくりの技術を結集し、包丁の機能性、持続性、使い手の利便性に加え、美しさも追求。包丁の要「切れ味」は、硬さの異なるステンレスを重ね合わせる積層鍛造を採用することで、鋭く滑らかな切れ味に刃こぼれしにくい持続性を生み出し、日本刀のような美しい波紋のダマスカス模様が高級感を際立たせている。持ち手は、和包丁で使う持ちやすい栗型にし、手になじみ良く長時間の使用でも疲れ知らず。長く使うものだからこそ、持ち手の素材にもこだわり、強度に優れた積層強化木を使用している。熟練の職人が、手作業で丁寧に仕上げた包丁は、年齢や性別、国籍を問わず使うことができる逸品。

受賞者の声

「旬」は創業100年を超える刃物メーカー貝印が、切れ味、美しさ、使いやすさなど包丁に求められる要素を実現したブランド。切れ味の決め手となる刃付け工程は1丁ずつ職人による手作業で丁寧に仕上げられており、その使い心地の良さは世界中で高い評価をいただいています。