• 機械では成し得ない“芸術銀瓶”
    職人の手のみが生み出す本物を愛でる

京都瑞鳳堂 手作り純銀製芸術銀瓶 霰模様

京都瑞鳳堂 (京都府)

この銀瓶は、職人が1枚の銀板を金づちで打ち延べ、霰模様を象る円錐形の突起も一つひとつ道具を押し当て打ち込んで形成する、日本の金工技術の結晶。

霰模様は突起の先が尖っているものほど上級品とされる。だが機械で製造すると、突起が丸くなってしまう。見た目の美しさ、銀瓶の重厚感、使いやすい重さ、重心などを調整しながら優雅で美しい模様を施していく作業は、どれだけ技術が発達した現在でも、機械による作業では成し得ない。職人の手と目、経験と感性から生み出される「本物」の芸術品だ。