• 可愛らしい染付けと白磁の“器”
    日本らしい遊び心と想像力を食卓に

黒羽陶工房の染め付けの器

黒羽陶工房 (北海道)

透き通るような白磁の器に描かれた、かわいらしいウサギたち。霧のなかでぼやっと浮かび上がるような染付けが印象的なこれらの器は、北海道札幌市の染付け作家の作品。吉兆の象徴であるウサギを主役にした作品をメインに、すべて手作業で制作しており、絵柄は日本の昔話をモチーフにしたものから、バーでくつろぐ様子のものまでさまざま。

現代ならではの自由な表現で、まるで器の中に住んでいるかのように生き生きと描かれている。収納時に重ねて置きやすく、洗いやすく割れにくいなど、デイリーユースを意識した器の形状で使いやすい。