• 和紙の可能性を追求した“コーティング材”
    多彩なシーンに日本素材を装う

和紙コーティング材「和紙職人」

ケイ・エス・ティ・ワールド株式会社 (福井県)

和紙の原料が混ざったゲル状の液体を壁やインテリアなどに吹きつけることにより、吹きつけられた面が和紙の質感となるコーティング材。

「和紙の可能性って、もっと広がるのでは」という思いがきっかけとなり生まれた。原料には、日本原子力研究開発機構が開発した吸水性・吸着性が高い木材由来のセルロース「CMCゲル」を使用。ゲルの効果によって凹凸がある面にも和紙を安定して定着させるほか、和紙自体の強度も向上した。また、油性・アルコール性の揮発材を一切使わず、植物性の原料のみを使用しているため、自然や人体への影響が少ないという点も大きな特徴だ。