• 三陸水産業・食の復興支援を目的とした洋風“サヴァ缶”
    ポップなデザインで元気をお届け

国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶

岩手県産株式会社 (岩手県)

東日本大震災によって被害をうけた三陸の水産業や食の復興支援を目的として開発された、国産サバをオリーブオイル漬けにした洋風の缶詰。「サヴァ=Çava」は、フランス語で「元気?」という意味であり、商品名には「私たちは、おかげさまで元気です。みなさんも、これを食べて元気を出して!」といったメッセージが込められている。

まるで雑貨のような、店頭で目立つポップでかわいらしいパッケージも目を引く。そのまま食べる以外にも、さまざまな料理にアレンジできる点も魅力的。栄養価も高く、女性を中心として老若男女問わず人気がある。