OMOTENASHI Selection 2018 体験・サービス部門規約 目次

OMOTENASHI Selection 2018 開催要綱(体験・サービス部門)

「OMOTENASHI Selection 2018 開催要綱」は、OMOTENASHI Selectionの事業のうち体験・サービス部門の概要を定めたものです。この要綱に基づき、以下の要領を定めています。

  • OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)
  • OMOTENASHI Selection 選定要領(体験・サービス部門)
  • OMOTENASHI Selection 受賞登録要領(体験・サービス部門)

開催要綱および3つの要領をあわせて「OMOTENASHI Selection 体験・サービス部門規約」と定めます。

1. OMOTENASHI Selectionとは

OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)とは、受け手のことを思いやる心から生まれたこだわりの技、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動など、日本の魅力である“おもてなし”心あふれる商品・サービスを発掘・認定し、国内外に発信するプログラムです。日本人の有識者と世界8地域の外国人選定員によりグローバルな視点で選ばれた優れた商品・サービスを認定し、日本国内をはじめ世界各国へ向けた広報・販路支援を通して、新しい消費の拡大、日本企業全体の世界的な販売力向上につながることを目指します。

– OMOTENASHI Selectionの理念 –
日本らしく、現代の生活を豊かにし、世界に通じる。
ついつい人に伝えたくなる優れたOMOTENASHI体験を提供する商品・サービス。

2. OMOTENASHI Selectionの主催者およびパートナー企業

OMOTENASHI Selectionは、本活動の主旨に賛同いただいた企業・団体により構成されるOMOTENASHI NIPPON実行委員会(以下、主催者という)と複数のパートナー企業の協力の下で運営されています。「おもてなし」をビジネスの中で実践するコンサルティング・サービス企業やその魅力を伝えるPR・広告領域のマーケティングコミュニケーション企業、国内外の流通関連企業など多彩な特徴をもつメンバーが集まり「OMOTENASHI」の発信・流通拡大に取り組んでいます。

OMOTENASHI NIPPON実行委員会メンバー

青山社中株式会社、ENGAWA株式会社、株式会社サニーサイドアップ、株式会社博報堂、株式会社プラスディー、株式会社フランチャイズアドバンテージ(50音順)

パートナー企業

ゴールドパートナー
日本郵便株式会社、全日空商事株式会社

シルバーパートナー
株式会社ライフノート

パートナー
朝日新聞社、Inagora株式会社、ZipanGood株式会社、Smart&Co Japon株式会社、TAKASHIMAYA TRANSCOSMOS INTERNATIONAL COMMERCE PTE.LTD、髙島屋日本橋店、TORTOISE GENERAL STORE、株式会社トライステージ、一般社団法人日本と世界をつなぐ会、株式会社日本百貨店、株式会社ヒュー、ふぁん・じゃぱん株式会社、株式会社ホテルオークラ東京、三井不動産株式会社(50音順)

3. OMOTENASHI Selectionの構成および受賞メリット

OMOTENASHI Selectionの構成

すべての応募対象の中から、優れたOMOTENASHI体験を提供する体験・サービスと認められる対象について「OMOTENASHI Selection」として認定します。さらに、OMOTENASHI Selectionを受賞した対象(以下「受賞対象」という)の中で、特に評価の高かった対象については「金賞」等を贈呈します。主催者は、すべてのOMOTENASHI Selection受賞者に表彰状を贈呈します。

受賞メリット

OMOTENASHI Selection受賞登録後、主催者は応募者に下記の受賞訴求材料を提供します。

受賞ロゴマークの提供
OMOTENASHI Selection受賞対象に、受賞の証である「受賞ロゴマーク」を提供します。受賞ロゴマークの使用規定については、受賞ロゴマークのデータ提供時に配布するロゴガイドラインに定めます。

おもてなしステートメントの提供
選定を通じて得られた応募対象の魅力を表す「おもてなしステートメント」を提供します。

広報支援
OMOTENASHI Selection公式ウェブサイトや、パートナー企業が運営するメディアでの多言語での情報掲載、国内外の有力メディアへのプレスリリースの配信などメディア掲載を促進します。
※ただし、すべての受賞対象の掲載を約束するものではありません。

集客・送客支援
主催者およびパートナー企業の協力の下、国内外の旅行情報サイトでの情報掲載のほか、受賞対象を集めたオリジナル旅行・体験商品の開発、国内外での販売展開を予定しています。

4. OMOTENASHI Selectionへの応募および費用

(1)OMOTENASHI Selectionへの応募

OMOTENASHI Selectionは、応募者自らの応募に基づき実施されます。2018年度の体験・サービス部門の応募受付期間は、2017年9月1日(金)から2018年2月28日(水)までとし、期間内を4グループに分けて選定を実施します。
応募方法、スケジュール等の詳細については「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」に定めます。

体験・サービス部門 選定スケジュール
応募期間 1次選定
結果通知
2次選定
(実施予定時期)
3次選定
(実施予定時期)
受賞発表
(予定)
グループ1 2017年9月1日(金)
〜10月31日(火)
2017年11月上旬 2017年11月
〜2018年2月
2018年3月 2018年8月下旬
グループ2 2017年11月1日(水)
〜12月15日(金)
2017年12月中旬
グループ3 2017年12月16日(土)
〜2018年1月31日(水)
2018年2月上旬 2018年2月〜4月 2018年5月
グループ4 2018年2月1日(木)
〜2月28日(水)
2018年3月上旬
(2)OMOTENASHI Selectionに関わる費用

応募にあたり、下記の費用が発生します。費用の詳細については、それぞれの要領に定めます。
・選定料:OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)
・受賞登録料:OMOTENASHI Selection 受賞登録要領(体験・サービス部門)

OMOTENASHI Selection に関わる費用
選定料 受賞登録料
1次選定料 2次選定料 3次選定料 A群
(従業員数5名以下)
B群
(従業員数6名以上)
無料 30,000円(税別) 無料 120,000円(税別) 300,000円(税別)

5. OMOTENASHI Selection 体験・サービス部門の選定

OMOTENASHI Selectionの体験・サービス部門の選定は、応募者から提出された情報をもとに行う「1次選定」と、応募対象の魅力を引き出す現地ヒアリングと「おもてなしステートメント」の制作を行う「2次選定」、「おもてなしステートメント」を基に日本人と外国人の選定員が総合評価を行う「3次選定」の3段階の選定を実施します。
選定員は、それぞれの応募対象について、別途定める「選定の視点」に基づきOMOTENASHI Selectionの理念に掲げる「日本らしく、現代の生活を豊かにし、世界に通じる。ついつい人に伝えたくなる優れたOMOTENASHI体験を提供するサービス」を「OMOTENASHI Selection」として選びます。選定の詳細については、「OMOTENASHI Selection 選定要領(体験・サービス部門)」に定めます。

体験・サービス部門の選定
1次選定 2次選定 3次選定 受賞決定
書類選定 現地ヒアリングおよび「おもてなしステートメント」の制作 「おもてなしステートメント」による総合評価

6. OMOTENASHI Selection 体験・サービス部門 受賞対象発表

主催者は、2018年度のOMOTENASHI Selection 体験・サービス部門の受賞対象を下記日程で発表します。主催者はプレスリリースを発信するとともに、OMOTENASHI Selectionのウェブサイトを通じて受賞対象を公開します。受賞者は、発表日を以て受賞結果を公表することができます。また同日より、受賞の証である「受賞ロゴマーク」および「おもてなしステートメント」を使用することができます。

体験・サービス部門 受賞発表
2018年8月下旬予定

7. 情報の取扱いについて

(1)権利の帰属
  • 応募者自ら提供された応募対象に関する情報の著作権は、応募者に帰属するものとします。ただし、主催者はOMOTENASHI Selectionの選定および受賞内容の告知・広報等を含めた同制度の運営に限り、その情報を使用できるものとし、応募者はこれに同意するものとします。また、その目的および態様に照らして必要と認められる場合に限り、情報の改変を行うことができるものとし、応募者はこれに同意するものとします。
  • 主催者が撮影した写真、制作したテキスト、デザイン素材の著作権は、主催者に帰属するものとします。
(2)情報の公開

主催者は、応募者から提供された応募対象についての情報を、受賞発表時およびOMOTENASHISelectionの広報のために使用することがあります。応募者よりあらかじめ申請があった応募対象に関する機密情報は公開しません。また主催者は、受賞に至らなかった対象を含め、個別の選定内容に関する情報開示請求には対応しません。なお、公開情報については、受賞発表日以降、適宜OMOTENASHI Selectionの広報活動等に使用することがあります。詳細については「OMOTENASHI Selection受賞要領(体験・サービス部門)」に定めます。なお主催者は、主催者が必要であると判断した場合に本項目を適宜改訂することがあります。

(3)選定結果の公表

応募者は、受賞情報公開日以前に選定結果を公表できないものとします。また、1次〜3次選定の途中経過および実施内容についても、選定期間中含めウェブサイトやSNSなどでの掲載や配信することを一切禁止するものとします。

(4)応募対象の情報の守秘義務

主催者および選定員ら関係者は、応募対象についての非公開情報や選定を通じて得られた機密情報の守秘義務を負います。

8. 応募者の責任に帰する事項

応募対象に関する品質、性能および安全性等の要件、販売等に関して生じた問題の責任については、応募者自らが負うものとし、主催者はその一切の責任を負いません。また、OMOTENASHI Selectionへの応募により、応募者、受賞者あるいはその他の第三者の間で生じた紛争についても、主催者はその一切の責任を負いません。

9. 受賞の取り消し

受賞対象について、下記のような事実が判明した場合、主催者はその受賞を取り消すことができます。その場合の選定料および受賞登録料の返金については、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」に定めます。

  • 選定時に提出された情報に虚偽があった場合。
  • 選定実施時と提供時に著しく相違が認められる場合。
  • 受賞対象が、社会的に著しい損害を与えた場合。
  • 受賞対象が、他者の知的財産権を侵害していると公に認められた場合。
  • 応募者が、「OMOTENASHI Selection 応募要領」および「OMOTENASHI Selection 受賞登録要領」に定められた規則に違反した場合。

OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)

本要領は、2018年度OMOTENASHI Selection の応募にあたり必要な事項を定めたもので、以下の内容により構成されます。

  • 応募者および応募対象
  • 応募対象とジャンル
  • エントリー登録地
  • OMOTENASHI Selectionに関わる費用
  • 応募手続き
  • 応募対象の取り下げ
  • 応募に関する留意事項

1. 応募者および応募対象

(1)応募者

応募の資格を有する応募者は、応募対象の提供に主たる責任を有する法人および団体・個人とし、体験・サービス事業の提供者、事業や開発・研究などの活動主催者、ソフトウェアやメディアの提供者等の「応募対象の事業主体者」とします。エントリーは、1 店舗・1 施設毎となり、同一の体験・サービスを複数店舗・施設で提供している場合についても、店舗・施設毎にエントリーが必要です。
また応募者は、1次選定から受賞登録まで同一の応募者とします。選考途中で別の応募者*へ変更することはできません。
*「別の応募者」には、子会社なども含む。

事業主体者が複数関与する場合
事業主体者が複数関与する場合は、連名で応募することができます。ただし、その場合は、代表者を決定し、エントリーサイトに登録してください。

(2)応募者の事業規模

OMOTENASHI Selectionへの応募にあたり、応募者は、応募者の事業規模を申請します。応募時に申請した事業規模は、受賞した場合に、「受賞登録料」の事業規模として情報を引き継ぎます。選考途中および受賞後の事業規模の変更は、原則として認めません。事業規模の申請に誤りが認められる場合は、主催者は事業規模を変更できるものとし、応募者はこれに同意するものとします。
また応募者の事業規模は、本要領「1.-(1) 応募者」に基づき、選考途中で別の応募者へ変更することはできません。

事業主体者が複数関与する場合
事業主体者が複数関与する場合は、本要領「1.-(1) 応募者」に基づき、代表者の事業規模に基づき申請してください。

(3)応募者の義務

OMOTENASHI Selectionへの応募にあたり、応募者は以下の義務を負うものとします。義務が実行されなかった場合、当該応募者の応募は取り下げられたものとして扱います。

  • 本要領内「4. OMOTENASHI Selectionに関わる費用」に記載する費用の期日までの支払い実行
  • 主催者が希望する選定資料の提出
  • 主催者が開催する選定会への参加、現地ヒアリングへの対応
  • 現地ヒアリングを基に制作する「おもてなしステートメント」の確認
  • 応募対象が受賞した場合の各種公開用情報の提供および確認
  • 主催者が運営する公式メディア(ウェブサイト・刊行物等)への掲載の対応
  • パートナー企業など、その他メディアへの掲載の対応
  • 主催者が実施する記者発表会・PRイベント等への展示協力(国外含む)
  • 応募対象の受賞発表時に生じる取材への対応

2. 応募対象とジャンル

(1)応募対象

応募対象は、応募時までにユーザーが利用できる体験サービスとし、継続的な提供が可能なものとします。ここでの「応募時」とは、各グループの「募集締切日」を「基準日」とします。基準日以前に提供および活動実績のないものは応募できません。また応募対象は、1次選定から受賞登録まで同一のものとし、選考途中で別の体験サービスへの変更および追加をすることはできません。

体験・サービス部門 基準日
グループ1 グループ2 グループ3 グループ4
2017年10月31日(火) 2017年12月15日(金) 2018年1月31日(水) 2018年2月28日(水)

※基準日以前に、提供および活動実績のないものは応募できません。

(2)ジャンル

体験・サービス部門の募集ジャンルは、下記3つに分類します。応募対象にふさわしいジャンルを選び登録してください。同一の応募対象を、複数のジャンルに応募することはできません。原則として、選定は申請時のジャンルに則って実施しますが、主催者の判断によりジャンルを変更する場合があります。

1宿泊施設
2飲食店
3体験・プログラム

3. エントリー登録地

OMOTENASHI Selectionへの応募にあたり、応募者はエントリー登録地を確定し、エントリーサイトで登録してください。原則として、エントリー登録地は、応募対象の所在地とします。応募対象の「エントリー登録地」は、受賞した場合に「受賞登録地」として情報を引き継ぎます。受賞時に登録地を変更することはできません。受賞登録の詳細については、「OMOTENASHI Selection 受賞登録要領(体験・サービス部門)」に定めます。

エントリー登録地として認められない場合

  • 応募対象の所在地と無関係の場所である
  • 応募対象が所在しない場所である
    ※応募対象を管轄する本社なども不可

事業主体者が複数関与する場合
事業主体者が複数関与する場合であっても、複数箇所でのエントリー登録はできません。原則として応募対象の所在地を「エントリー登録地」とします。

4. OMOTENASHI Selectionに関わる費用

OMOTENASHI Selectionに関わる費用は、以下の通り定めます。また、振込手数料など支払いにかかる別途費用については、応募者がこれを負担します。なお、支払いが遅延した場合、選定を中止する場合があります。

OMOTENASHI Selection に関わる費用
選定料 受賞登録料
1次選定料 2次選定料 3次選定料 A群
(従業員数5名以下)
B群
(従業員数6名以上)
無料 30,000円(税別) 無料 120,000円(税別) 300,000円(税別)
(1)選定料

1次選定料(すべての応募対象)
費用:無料
※エントリーサイトへの登録に伴う通信費等は応募者負担

2次選定料(1次選定を通過したすべての応募対象)
費用:1次選定を通過した応募対象 1件につき30,000円(税別)
支払期限:請求書に記載の指定期日
詳細は、1次選定結果通知後に配布される「選定の手引き」に記載します。
その他、現地選定など特別な選定の実施に伴う費用は、本要領の「7. 応募に関する留意事項」に定めます。

3次選定料(1次選定を通過し、2次選定を実施したすべての応募対象)
費用:無料

(2)受賞登録料

受賞登録料(すべての受賞対象)
費用:応募者は、受賞対象1件につき、規定の受賞登録料を支払います。受賞登録料は、応募者の事業規模により2群に区分しています。
支払期限:請求書に記載の指定期日

「従業員」の定義について
規約内に記載の「従業員」の定義については、労働基準法第20条の規定に基づく「予め解雇の予告を必要とする者」を基準とします。

(3)再選定料

受賞通知後に、商品の基幹仕様や価格に大幅な変更が発生する場合は、再度選定を実施します。また、別途下記の選定料が発生する場合があります。

再選定料:1件につき30,000円(税別)

(4)費用の返金および減額について

OMOTENASHI Selectionに関わる費用の返金については、下記に定めます。また、各種費用の減額についてはいかなる事由であってもこれを認めません。

2次選定料

  • 主催者都合により選定継続が困難となった場合は、2次選定料を返金します。その場合の振込手数料は主催者負担とします。ただし、2次選定が実施済みの場合は、選定料の返金はありません。
  • 応募者都合により選定継続が困難となった場合は、2次選定料の返金はありません。
    例:2次選定に参加できない等
  • 応募対象が受賞に至らなかった場合においても、2次選定料の返金はありません。

受賞登録料

  • 主催者都合により受賞登録が困難となった場合は、受賞登録料を返金します。その場合の振込手数料は主催者負担とします。
  • 受賞登録料納付後に、応募者都合で受賞を辞退した場合、受賞登録料の減額・返金はありません。
    ※再選定実施が必須となり辞退した場合も同じ。
  • 受賞登録料納付後に、継続的な提供が不可能になるなどの事象が発生した場合においても、受賞登録料の減額・返金はありません。
  • 受賞登録の取り消しの場合は、受賞登録料の減額・返金はありません。
  • 事業規模の変更に伴う受賞登録料の差額分の返金はありません。
    ※認められない事例:エントリー時はB群(従業員数21名以上)で申請していたが、受賞に伴い子会社を設立しA群(従業員数20名以下)に変更し、差額分を返金。

再選定料

  • 再選定料納付後に、主催者都合により再選定が困難となった場合は、再選定料を返金します。その場合、振込手数料は主催者負担とします。
  • 再選定料納付後に、応募者都合により再選定を辞退した場合、再選定料の返金はありません。

5. 応募手続き

応募者は応募を希望する対象について、主催者が用意する応募専用のウェブサイト(以下「エントリーサイト」という)を通じて2017年9月1日(金)から2018年2月28日(水)までの期間に所定の手続きを行います。なお主催者は、日本の法律や公序良俗に反するなど、OMOTENASHI Selectionの趣旨や目的に合致しないと判断されるものについては、応募を受理しない場合があります。

OMOTENASHI Selectionへの応募にあたり、応募者は以下の手続きを行います。

(1)応募段階での手続き

応募者は、応募者および応募対象についての選定用情報をエントリーサイトで登録します。応募期間は、2017年9月1日(金)から2018年2月28日(水)までとします。応募者は、応募にあたり開催要綱に定める「OMOTENASHI Selection 2018 体験・サービス部門規約」を読み、エントリーサイトの「OMOTENASHI Selection 体験・サービス部門規約に同意してエントリー」のボタンのクリックを以て、応募に同意したものとみなします。

(2)1次選定から2次選定までの手続き

1 1次選定結果の通知
主催者は、応募者に対し1次選定の結果をエントリーサイトのマイページを通じて通知します。

2 2次選定料の支払い
主催者は、応募者にエントリーサイトのマイページを通じ2次選定料の請求書を発行します。応募者は、請求書に記載の期日までに2次選定料を支払います。

3 2次選定(現地ヒアリング)の日時予約
応募者は、1次選定結果通知時に指定される期日までに2次選定における現地ヒアリングの日時予約を行います。

(3)2次選定における手続き

2次選定では、応募対象の魅力を引き出す現地ヒアリングと「おもてなしステートメント」を制作します。詳細は、1次選定通過時に配布される「選定の手引き」に記載します。

1 現地ヒアリングへの対応
主催者は、応募者と選定員との対話により応募対象の魅力を引き出す「現地ヒアリング」を実施します。応募者は、選定員に対して応募対象の説明を行います。

2 「おもてなしステートメント」の制作
主催者は、現地ヒアリングを基に「おもてなしステートメント」の制作をします。応募者は、「おもてなしステートメント」の制作に際し、記載内容の事実確認および掲載用写真を準備します。

(4)3次選定における手続き

3次選定では、2次選定で制作した「おもてなしステートメント」を基に総合評価選定を実施します。

総合評価選定の実施
主催者は、日本人と外国人の選定員による総合評価選定を実施します。選定は非公開で行われ、応募者の立会いは認めません。また、2次選定を実施していない応募対象の選定はできません。

(5)3次選定後の手続き

1 最終選定結果の通知
主催者は応募者に対し、最終選定結果をエントリーサイトのマイページにて通知します。後日、最終選定結果を郵送します。

2 受賞登録料の支払い
主催者は応募者に、受賞登録料の請求書をエントリーサイトのマイページを通じて発行します。応募者は、請求書に記載の指定期日までに受賞登録料を支払います。

3 受賞対象に関する情報の登録
応募者は、選定通過対象(以下、「受賞対象」)について、受賞発表時に公表するための情報の確認と登録を行います。登録は、エントリーサイトのマイページを通じて行います。
また、主催者は、選定で使用した「おもてなしステートメント」を受賞発表用に再編集します。応募者は、発表用「おもてなしステートメント」の事実確認および掲載用の高解像度写真を準備します。

(6)受賞発表後の手続き

1 受賞発表
主催者はプレスリリースを発信するとともに、OMOTENASHI Selectionのウェブサイトを通じて受賞対象を公開します。受賞者は、この発表日をもって受賞結果を公表することができます。

2 受賞メリットの提供
受賞発表日より、受賞の証である「受賞ロゴマーク」および「おもてなしステートメント」を使用することができます。使用期間は、受賞発表日より1年間とします。

6. 応募対象の取り下げ

応募者は、応募対象について選定の継続が難しくなった場合、規定の期間内であれば、応募を取り下げることができます。この場合、応募者は主催者に、EメールやFAX等の文書で「応募対象の選定取り下げ申請」を行います。なお電話および口頭での選定取り下げ申請は認められません。
申請期限経過後に取り下げ申請を行った場合は、選定準備の実費として選定料の支払い義務が発生します。

(1)取り下げ申請期間

取り下げ申請期間は、下記の通り定めます。

体験・サービス部門 応募対象取り下げ申請期間
応募完了日 応募対象
取り下げ申請期限
2次選定実施予定
グループ1 2017年10月31日(火)までに応募完了 2017年11月17日(金)まで 2017年11月〜2018年2月
グループ2 2017年12月15日(金)までに応募完了 2018年1月12日(金)まで
グループ3 2018年1月31日(水)までに応募完了 2018年2月20日(火)まで 2018年2月〜4月
グループ4 2018年2月28日(水)までに応募完了 2018年3月19日(月)まで

※上記記載の期日以降に取り下げた場合は、2次選定料の支払い義務が発生します。

(2)取り下げに伴う費用の支払いについて

取り下げに伴う費用の扱いについては、次のように定めます。

  • 主催者が指定する期日以降に応募を取り下げた場合、応募者は所定の費用を支払います。
  • 応募者都合により費用支払い後に辞退した場合、費用の返還はありません。

7. 応募に関する留意事項

選定不可能と判断された応募対象の扱い

応募対象について、選定体制が十分に整わない等の理由により主催者が選定不可能と判断する場合があります。この場合、主催者は該当する応募対象を選定より除外し、応募者に速やかに通知するとともに、納付済みの選定料等の費用を返還します。その場合の振込手数料は、主催者が負担するものとします。

応募対象に変更が生じた場合

選定中に応募対象の仕様に変更が生じた場合は、EメールもしくはFAXにて指定フォーマットによる「変更申請」の提出が必須となります。電話など口頭による変更申請は認めません。主催者は、応募者による変更申請を受理後、選定継続の可否を判断し、別途通知します。なお本手続きは、応募対象を変更するものではなく、主催者による再審査を以て決定する事案とし、変更申請の提出のみでは完了しません。また応募対象の変更は、本要領の「2.-(1) 応募対象」に基づき、いかなる事由であっても認めません。変更を希望する場合は、再度エントリーが必要となります。
※受賞後に受賞対象の仕様に変更が生じた場合についても上記に同じ。

変更申請が必要な事例

  • 社名を変更する場合(応募者の変更は不可)
  • 応募対象名を変更する場合
  • 応募対象の改良・改善を行った場合
  • 応募時(1次選定)の情報から変更が生じた場合(適正な理由が無い場合は不可)
  • その他、主催者が必要と認めた場合
再選定の実施について

応募対象および受賞対象に変更が生じた場合、変更申請の提出に加え、再選定を実施する場合があります。再選定は、応募者による変更申請の提出および応募者の同意のうえ、実施するものとします。その場合、応募者は主催者に対し、変更した対象を提示します。また再選定の実施に伴い、再選定料が必要になる場合があります。

再選定の実施が必要となる事例

  • 応募時の基幹仕様と価格などが変更になった場合
  • 応募対象の改良・改善を行った場合
  • その他、主催者が必要と認めた場合

OMOTENASHI Selection 選定要領(体験・サービス部門)

本要領は、2018年度OMOTENASHI Selection の選定にあたり必要な事項を定めたもので、以下の内容により構成されます。

  • 選定について
  • 選定の視点と評価
  • 選定員について

1. 選定について

OMOTENASHI Selectionの選定は、下記に定めます。

(1)選定対象

「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」に基づき応募された「応募対象」で、かつ主催者が受理したものとします。

(2)選定方法について

選定は、1次~3次の3段階で構成されます。選定にあたり、円滑かつ公平な選定を実施するためにさまざまなルールを設けています。2次および3次選定の詳細は、1次選定結果通知後に配布される「選定の手引き」を参照してください。ここでは、基本的なルールを記載します。

1次選定(書類選定)
1次選定は、エントリーサイトの登録情報を基に「書類選定」を実施します。すべての応募者に合否の通知を行います。

2次選定(現地ヒアリングおよび「おもてなしステートメント」の制作)
2次選定では、応募対象の魅力を引き出す現地ヒアリングと「おもてなしステートメント」を制作します。

選定方法 現地ヒアリングに参加する説明者は、応募対象のサービス責任者とし、説明者は応募対象の説明を行います。対話時間は、応募対象1件あたり1〜2時間を目安とします。
選定中の写真および動画の撮影、録音等は禁止します。また、選定内容および結果についてSNS等での告知、掲載等についても一切禁止とします。
提示物について 応募者は、原則として応募対象を提示します。ただし、期間限定の体験・サービスなど、応募対象の現物を提示できない場合は、パネルや映像等の代替物を提示します。

3次選定(総合評価)
3次選定では、「おもてなしステートメント」を基に、日本人と外国人選定員による総合評価選定を実施します。

選定方法 3次選定は、非公開で実施します。選定員は、すべての応募対象の「おもてなしステートメント」と選定資料を基に総合的に評価します。
(3)受賞対象の確定

2次選定および3次選定を実施した応募対象は、実行委員会にて審議し、受賞対象を決定します。主催者は、受賞に至らなかった対象を含め、個別の選定内容に関する情報開示請求には対応しません。

2. 選定の視点と評価

主催者は、OMOTENASHI Selectionの理念に基づいて厳正な選定を行い、受賞対象を決定します。受賞対象は、以下の選定の視点と評価ポイントを総合的に評価します。また、応募時にエントリーサイトに登録された価格等についても、現物と照らし合わせ、総合的に評価します。

選定の視点

日本らしく、現代の生活を豊かにし、世界に通じる。ついつい人に伝えたくなる優れたOMOTENASHI体験を提供する商品・サービス

Japanese(日本らしさ)
日本ならではの技、伝統の継承といった日本独自の魅力を備えている

Modern(現代に生きる)
「日本らしい」「歴史がある」というだけではなく、現代人のライフスタイルに配慮適応している

Global(世界に伝わる)
外国人の方々が見て、知って、その魅力が伝わり、彼らの暮らしにおいて受け入れられるものである

評価ポイント

おもてなしの心を感じる優れた顧客体験を創出するか
購買から消費・利用、共有までの顧客体験において、心動かすOMOTENASHIのシーンを生み出しているか

商品 / サービスそのものの価値・クオリティが高いか
対象が持つ、現代生活はもちろん、海外でも受け入れられる優れたジャパンクオリティ(品質、デザイン、機能、独自性、創意工夫、継続継承性など)を有しているか

3. 選定員について

(1)選定員

OMOTENASHI Selectionの選定員は、下記に定めます。

1次選定(書類選定) OMOTENASHI NIPPON実行委員会内OMOTENASHI Selection事務局
2次選定(現地ヒアリングおよび「おもてなしステートメント」の制作) OMOTENASHI NIPPON実行委員会、パートナー企業、おもてなしの有識者
3次選定(総合評価) OMOTENASHI NIPPON実行委員会、パートナー企業のほか、日本人と世界8地域の外国人のメディアおよびサービス関係者、有識者
(2)選定情報に関する守秘義務

選定員は、選定対象に関わる機密情報ならびに選定経緯など、選定を通じて知り得た情報について第三者への漏えいを禁止します。

(3)選定員が関与した商品の応募および選定

選定員本人が関与した応募対象(コンサルティングしたサービスなど)については、選定に際し、説明者としての参加はできません。また、選定の公平性を期すため選定に関わることはできません。

(4)選定員による推薦応募および選定

選定員はその見識をもってOMOTENASHI Selectionの応募を呼びかけができるものとします。その場合、公平を期すため選定に関わることはできません。

OMOTENASHI Selection 受賞登録要領(体験・サービス部門)

本要領は、2018年度OMOTENASHI Selection の受賞登録にあたり必要な事項を定めたもので、以下の内容により構成されます。

  • 受賞登録について
  • 受賞登録料
  • 受賞登録更新について
  • 受賞登録に関する留意事項

1. 受賞登録について

OMOTENASHI Selectionを受賞した対象(以下、「受賞対象」という)は、受賞登録が必要です。登録期間は、受賞発表日から1年間となり、1年ごとの更新が必要です。受賞登録の申込み完了を以て、「受賞対象」として認定します。

受賞登録地について

受賞登録地は、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」の「3. エントリー登録地」に基づき、「エントリー登録地」を受賞登録地とします。受賞発表後に応募対象の所在地移転などがあった場合も、受賞登録地の変更はできません。

2. 受賞登録料

OMOTENASHI Selectionの受賞登録にあたり、応募者は、受賞対象1件につき下記受賞登録料を支払います。

OMOTENASHI Selection 2018 受賞登録料
受賞登録料 A群
(従業員数5名以下)
B群
(従業員数6名以上)
120,000円(税別) 300,000円(税別)

「従業員」の定義について
規約内に記載の「従業員」の定義については、労働基準法第20条の規定に基づく「予め解雇の予告を必要とする者」を基準としています。

受賞登録料の区分について

受賞登録料は、応募者の事業規模により2群に区分しています。事業規模は、応募者が応募時に申請・登録した従業員数に基づきA群とB群に分類されます。事業規模の変更は、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」の「2.-(2)応募者の事業規模」に基づき、原則として認めません。また、別の応募者*へ変更することはできません。
*「別の応募者」には、子会社なども含む。

返金および減額について

OMOTENASHI Selectionの受賞登録に関わる費用の返金については、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」の「4.-(4)費用の返金および減額について」に定めます。また、登録料の減額についてはいかなる事由であっても対応しません。

3. 受賞登録更新について

受賞発表後1年経過後も受賞登録を継続する場合は、更新手続きが必要です。登録継続を希望する受賞者は、本要領「2.受賞登録料」に定める費用を、主催者定める期日までに支払うことで受賞登録を継続することができます。
受賞登録を継続しなかった場合は、受賞時に提供した受賞メリットの継続使用は認められません。不正使用を行った場合は、受賞登録料の支払い請求および受賞取り消しの措置をとることがあります。

4. 受賞登録に関する留意事項

受賞対象に変更が生じた場合

受賞対象の仕様に変更が生じた場合は、EメールもしくはFAXにて指定フォーマットによる「変更申請」の提出が必須となります。電話など口頭による変更申請は認めません。主催者は、応募者による変更申請を受理後、受賞登録が可能かどうかを判断し、別途通知します。なお、本手続きは、主催者による再審査を以て決定する事案とし、申請提出のみでは完了しません。
また、受賞対象の変更は、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」の「2.-(1)応募対象」に基づき、いかなる事由であっても認めません。変更を希望する場合は、再度エントリーが必要となります。

変更申請が必要な事例

  • 社名を変更する場合(応募者の変更は不可)
  • 受賞対象名を変更する場合
  • 受賞対象の改良・改善を行った場合
  • 応募時(1次選定)の価格から変動する場合
    ※適正な理由が無い場合は受賞取り消しとなる場合があります。
  • その他、主催者が必要と認めた場合
再選定について

受賞対象の基幹仕様に変更があった場合、再選定を実施する場合があります。マイページより変更申請のフォーマットをダウンロードし必要事項を記載のうえ事務局に提出してください。事務局で受賞登録の継続可否および再選定の実施有無を判断し、別途通知します。なお再選定の実施が必要となった場合は、「OMOTENASHI Selection 応募要領(体験・サービス部門)」の「4.-(3) 再選定料」に定める費用が発生する場合があります。
※本手続きは、受賞対象を変更するものではありません。あくまで受賞登録の継続許可を得るためのものです。

体験・サービス部門エントリー