中谷美紀さんが「日​本が誇るおもてなし」について語る。「OM​OTENASHI Selection in 日本橋高島屋」開催

「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション) in 日本橋高島屋」オープン記念 女優 中谷美紀さんが華やかな着物姿で登場し「相手を想う気持ちがあってのおもてなし」と日本が誇る「おもてなし」について語る。

「日本のおもてなしを世界の OMOTENASHI へ」を合言葉に活動している OMOTENASHI NIPPON 実行委員会は、2015年3月11日(水)に、おもてなし心溢れる商品・サービスを募集・発掘し、国内外に発信するプロジェクト「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」の2015年度の受賞対象47事業者を一同に集めて展示・販売する「OMOTENASHI Selectionin 日本橋高島屋」オープンイベントを開催しました。当日は女優の中谷美紀さんが出演し、日本の誇る「おもてなし」について語りました。

イベントでは中谷美紀さんはあでやかな着物姿で登場し、日本橋高島屋での催事開催を記念したセレモニーを行いました。中谷さんが手に持った水引きをつなぎあわせると「OMOTENASHI Selection」のロゴが現れ、催事の開催を彩りました。

セレモニーの後は中谷美紀さん、株式会社OMOTENASHI代表取締役濱川智氏によるトークセッションが行われました。トークセッションでは「20代の頃、海外と日本を行ったり来たりしていたのですが、向こうの友人に日本のことを話せないということにむなしさを感じました。そのため日本文化に触れたいと思って、全国の色々な職人さんを訪ねています。」と中谷さんが日本文化に触れるきっかけとなったエピソードについて明かし、「相手を思う気持ちがあってのおもてなしだと思います。私もその部分は大事にしたいです。」と日本文化に触れていく中で感じた日本の「おもてなし」に語りました。

また中谷さんは映画「繕い裁つ人」で仕立て屋という作り手側の役を演じましたが、「こつこつと人知れずものを作っている人をピックアップして、世に出していくというテーマにとても共感しています。」と出演した映画への思い入れを語る一幕もありました。
 
プライベートでも日本文化の職人と交流する機会が多くある中谷さんは「日本人はものづくりが得意な人達だと思います、バランス感や、美しさがあって、世界に向けて発信していける物だと思います。」と自らの経験から感じたことを話すと、濱川氏も「ひとつひとつの商品に込められた情熱や想いがあるために、こんなにすばらしいものが作れるのだと思います。」と日本のものづくりの技術を称賛しました。今回の受賞商品の中で気になった商品を聞かれると、中谷さんは「米ギフト十二単シリーズや、漆の器、洋草履が気になります。あとは OMOTENASHI Experience はいいですね!私も外国の友達が来たらぜひ案内したいです。」と笑顔を見せました。

トークセッションの最後には濱川氏が「これからも作り手の物語を感じれるような活動をしていきたいです。」と OMOTENASHI Selection の今後の抱負について語り、中谷さんはそれを受けて「こつこつとものを作っている方がたくさんいるので、私たちももっとそうした人たちに光をあてられるようにしたいです。」と締めくくりました。

「OMOTENASHI Selection in 日本橋高島屋」は3月17日(火)いっぱいまで日本橋髙島屋1Fにて開催中。
「OMOTENASHI Selection in 日本橋高島屋」オープン記念 女優 中谷美紀さんが華やかな着物姿で登場し「相手を想う気持ちがあってのおもてなし」と日本が誇る「おもてなし」について語る。

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動