おもてなしの感じ方は年齢と性別で違うのか

​​

おもてなしの感じ方とは、年代や性別によって異なるのでしょうか。今回は株式会社OMOTENASHIが、2013年に実施した20歳~65歳の日本人生活者約9,000人を対象にしたアンケート調査結果(おもてなし実態調査)から生活者のおもてなし体験の違いを見ていきましょう。

 
おもてなしの感じ方とは、年代や性別によって異なるのでしょうか。今回は株式会社OMOTENASHIが、2013年に実施した20歳~65歳の日本人生活者約9,000人を対象にしたアンケート調査結果(おもてなし実態調査)から生活者のおもてなし体験の違いを見ていきましょう。まず、20~65歳の生活者(男女)が店舗やサービスの利用において、心地よいおもてなしを体験した比率(おもてなし体験比率)は、60.3%という結果が出ています。​​

まず、20~65歳の生活者(男女)が店舗やサービスの利用において、心地よいおもてなしを体験した比率(おもてなし体験比率)は、60.3%という結果が出ています。では、続けて男女別や年代別で詳しく見てみましょう。

 

おもてなし体験比率の実態

おもてなしの体験において、性別の差は小さいですが、既婚者は、未婚者の117%、お子様がいらっしゃる方は、お子様がいらっしゃらない方に比べ109%、おもてなし体験比率が高いです。さらに、年齢別の体験比率をみると、50歳以降は、心地よいおもてなしを感じる人の割合が、増加していることがわかります。​​

おもてなしの体験において、性別の差は小さいですが、既婚者は、未婚者の117%、お子様がいらっしゃる方は、お子様がいらっしゃらない方に比べ109%、おもてなし体験比率が高いです。さらに、年齢別の体験比率をみると、50歳以降は、心地よいおもてなしを感じる人の割合が、増加していることがわかります。

 

これらの結果から、おもてなし体験比率が上昇するのは、結婚や出産という家族構成の変化(主に増えること)や、加齢によって利用するサービスや店舗が変わったとき、ないし利用サービスに対するニーズが変わるタイミングだと考えられます。

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動