おもてなしを感じる場所とサービス

​​

生活者はどういった商業施設やサービスに「おもてなし」を感じるのでしょうか。今回は株式会社OMOTENASHIが2013年に実施した20歳~65歳の日本人生活者約9,000人を対象にしたアンケート調査結果(おもてなし実態調査)から顧客がおもてなしを感じる場所とサービスについてご紹介致します。

 
おもてなしを感じる場所とサービス アンケート結果 おもてなしを実感するスポット
 

おもてなしを実感するスポット

もっともおもてなしを実感したサービス・場所は旅館・ホテルという回答が最多で、次に飲食店さらに美容院・理容院と続いています。これらの傾向から「接触時間(滞在時間)の長いサービス」はおもてなしを体験する機会が多く、高い評価を受けやすいと考えられるでしょう。しかし、病院・レジャーテーマパークなどは接触時間が長いサービスにも関わらず評価が低く、おもてなしに問題を抱えやすい業種と想定されます。

その他、自由回答ではコンビニエンスストア、エステ、結婚式場において心地よいおもてなし体験をしたという回答が見られました。

 

おもてなしを感じる条件

 
おもてなしを感じる場所とサービス アンケート結果 おもてなしを感じる条件​​
 

子供の有無がおもてなし体験場所におよぼす影響は小さく、比較的傾向差が大きいのは性別と既婚・未婚の違いでした。性別では美容院・理容院におけるおもてなし体験で約4倍の差があり、未婚者は既婚者に比べ旅行でのおもてなし体験率が小さくなることがわかります。

 

今回のおもてなし白書では、おもてなしを感じる場所やサービス、条件をみてきました。美容院・理容院でのおもてなし体験の差が大きなことに意外性を感じた方もいらっしゃるかもしれません。しかし男女によって理美容院に求めているサービスが異なっているという要因もあるのではないでしょうか。自社が提供するサービスや顧客接点を見直すことから、おもてなしへの取り組みは始まるのかもしれません。


 

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動