おもてなしを感じておきる変化

​​

ここちよいおもてなしを感じると感情にどのような変化が起きるのでしょうか。今回は株式会社OMOTENASHIが2013年に実施した20歳~65歳の日本人生活者約9,000人を対象にしたアンケート調査結果(おもてなし実態調査)から顧客がおもてなしを感じる場所とサービスについてご紹介致します。

 
おもてなしを感じておきる変化 調査データ
 

もっと「おもてなし」してほしい

心地よいおもてなしを体験した生活者の77%がサービスに対する「おもてなしの重要性」が高まったと回答し、ブランドや企業のおもてなし品質向上への要望も半数以上が増加していることがわかります。

心地よいおもてなしの体験が生活者のサービス選定における「おもてなしの重要性」に影響を与え、企業のおもてなしへの取り組みにより厳しい視線を注ぐようになるのではないでしょうか。つまり生活者は「心地よいおもてなし」を体験することで、より高品位なおもてなしを求めるようになることが推測できます。

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動