プロとして一期一会の機会に最善を尽くす

プロとしての態度と知識を身に付ける

ビジネスにおいて、当たり前で大切なことをきちんと身に付けていますか。
一つは、「挨拶や身だしなみ、言葉遣い」などの躾や礼儀作法、もう一つは「自分の仕事の知識」です。この二つの基本なくして、プロになることはできないと言ってもいいでしょう。
 
最近では、基本の一つである躾や礼儀作法を評価制度に取り入れている企業もあります評価制度はブランドや企業が大切にしているものを明確に示しています。
 
躾や礼儀作法はおもてなしの基本。評価制度に取り入れることは、おもてなしに真剣に取り組んでゆくという意思の表れなのです。
 

自分の仕事に習熟する

OMOTEANSHI NIPPON(おもてなし日本) コラム  プロとして一期一会の機会に最善を尽くすアイキャッチ

自分の仕事の知識を身に付けるということは当たり前のことですが、実は自分の仕事の知識が不足していることにより、顧客の期待を超えられないケースは少なくありません。顧客は十人十色、それぞれの顧客に感動体験を提供するためにも、自分の仕事に習熟し、引き出しを増やす努力をすることはとても大切です。
 
この二つの基本をしっかりと身に付けているからこそ、プロとして一期一会の機会に最善を尽くすことができるのです。

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動