心の感度を磨く

他業種の取り組みを学ぶ

仕事において、技術を磨いたり能力を高めることは大切なことですが、おもてなしでは心の感度を磨くことも大切なことです。心の感度とは、心の感じる度合いです。心の感度を磨くことで、おもてなしの幅を広げるきっかけを得ることができるでしょう。
 
では、心の感度を磨くにはどうすればいいのでしょうか。その方法の一つに、他業種の取り組みを学ぶということがあります。顧客に対するさまざまな取り組みや、創意工夫のアイデアは、他業種であっても学ぶことはたくさんあります。他業種だからこそのヒントが隠れているかもしれません。
 

一流に触れてみる

心の感度を磨くもう一つの方法は、一流に積極的に触れてみるということです。仕事として、またプライベートの時間を利用して、名店で食事をしたり、一流の老舗旅館に宿泊してみるのもいいでしょう。
 


一流だからこそ得られる感動、共感、感謝の気持ちを体験してみることで心の感度は磨かれるはずです。また、一流ブランドで経験を積んできた方々のセミナーや講演に足を運ぶというのもよいでしょう。
 
その道を極めた一流のノウハウに触れるということは、想像以上に貴重な体験です。
 
一流に触れてみることで、きっと新たな気づきを得ることができるでしょう。そしてその気づきを、自らのおもてなし活動に活かしてみてください
 

この記事をシェア

Category

Hot Entry

twitter

facebook

TOPに移動